【月と鹿】D51 882号機【大阪府茨木市真龍寺】

スポンサーリンク

公園の片隅に眠る機関車シリーズ。今回は公園では無く寺院ですが…大阪府茨木市【真龍寺】に眠る機関車【D51 882号機】を取り上げます。

スポンサーリンク

外観

屋根下で眠っているD51-882号機。

除煙板(デフレクター)に「月と鹿」マークがありますね。奈良運転所所属時代にこのマークが取り付けられたそうです。当運転所にて1973年11月に廃車。

メーカー 日立製作所
初製造 昭和11年
製造年月日 昭和19年2月29日
全走行粁(キロメートル) 1,512,589km(地球の周囲約38回)
軸配置 1-D-1 ミカド型
総生産台数 1,115両
最大長さ 19,500mm
最大高さ 3,980mm
最大幅 2,936mm
動輪径 1,400mm
運転整備時総重量 125,100kg
機関車(積) 77,000kg
機関車(空) 69,400kg
炭水車(積) 47,400kg
炭水車(空) 19,400kg
水槽容量 20,000km3
石炭積載量 8,000kg
ボイラ圧力 15kg/㎠
最大圏示馬力 1,400ps
最大速度 85km/h
最終実働年月日 昭和48年9月30日

ちなみに茨木駅から当地まで徒歩で約1時間掛かります。正直しんどい…。

場所はコチラ

参考文献

神谷武志 著「蒸気機関車紀行」

スポンサーリンク